松尾 快 Kai Matsuo

ディレクター、コーポレート戦略部門

職歴

2011年に㈱船井総合研究所に入社、経営戦略事業部所属。2015年にフロンティア・マネジメント㈱に入社。

学歴

中央大学理工学部卒業,グロービス経営大学院大学MBA(経営学修士)卒業

執筆一覧

東京オリンピック縮小から考える、「ROE」と「ESG・SDGs」

コロナの影響により、東京オリンピック・パラリンピックはいまいち盛り上がりに欠け、「開催するべきか否か」という「二項対立」議論がわき上がる。勝敗がはっきりしているスポーツの現場とは異なり、ビジネスの現場おいて「二項対立」の思考は、最適解を見失うトラップとなりやすい。今回は、「ROE」と「ESG・SDGs」の関係性に当てはめ、考察した。

和食に未来はあるか? インバウンド消失 関連メーカーの未来

和食関連メーカーは東京オリンピックでのインバウンド需要に対応すべく、各社準備を整えてきた。しかし、外国人観光客の受け入れをしない方針は、すでに決まっている。東京オリンピックというラストリゾートは幻想に終わってしまうのか。今後の和食関連メーカーの未来について考察した。

ネットスーパーで提携加速 楽天&西友など 激動の一年を振り返る

ネットスーパーは、コロナ禍において最も注目された業種の1つに挙げられる。コロナ禍における生活習慣の変化を、「勝負所」とみた各社は提携を加速。この記事では、日本のスーパーにとって激動の2020年を振り返るとともに2021年以降の展望を考察する。

コロナで見えたネットスーパーの勝ち筋 ピックアップ型のすすめ

コロナ禍を機に、食品・生鮮分野でもネットスーパーの普及が急速に進んでいる。「密度の経済」が働く業種であり、人口密度の高いアジア都市部での普及が見込まれている。この記事では、急速に進むデジタル化(DX)を背景としたグローバルプレイヤーとの戦いに巻き込まれつつある、日本のネットスーパーの行く末について考察した。

これまでの記事を読む>

人気記事

「食品宅配・ネットスーパー」の盛り上がりは本物か?

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID-19)の影響で、「巣籠り消費」が増加している。消費者の多くが、外食を減らす一方で、食品宅配・ネットスーパーの利用を選択している。宅配の便利さを覚えた顧客層にとって、今回の動きは一過性にとどまらない。消費行動の変化をマーケットチャンスと捉え、規模拡大を狙う企業も増えるだろう。少し前ではあるが、イオンが英国ネットスーパー大手のオカド(Ocado)と提携し、売上高6,000億円を目指すと発表。また西友(Walmart)は楽天と提携、技術協力を仰ぐことでシェア獲得に動いている。この記事では、急激なニーズ拡大による企業課題に加え、日本市場における成功の為の定石(KSF)や、企業が超えるべきハードルについて考える。

東京オリンピック縮小から考える、「ROE」と「ESG・SDGs」

コロナの影響により、東京オリンピック・パラリンピックはいまいち盛り上がりに欠け、「開催するべきか否か」という「二項対立」議論がわき上がる。勝敗がはっきりしているスポーツの現場とは異なり、ビジネスの現場おいて「二項対立」の思考は、最適解を見失うトラップとなりやすい。今回は、「ROE」と「ESG・SDGs」の関係性に当てはめ、考察した。

和食に未来はあるか? インバウンド消失 関連メーカーの未来

和食関連メーカーは東京オリンピックでのインバウンド需要に対応すべく、各社準備を整えてきた。しかし、外国人観光客の受け入れをしない方針は、すでに決まっている。東京オリンピックというラストリゾートは幻想に終わってしまうのか。今後の和食関連メーカーの未来について考察した。

ネットスーパーで提携加速 楽天&西友など 激動の一年を振り返る

ネットスーパーは、コロナ禍において最も注目された業種の1つに挙げられる。コロナ禍における生活習慣の変化を、「勝負所」とみた各社は提携を加速。この記事では、日本のスーパーにとって激動の2020年を振り返るとともに2021年以降の展望を考察する。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中