栗山 史 Hitoshi Kuriyama

執行役員、産業調査部長

職歴

1984年に大和証券㈱に入社し、同年に㈱大和証券経済研究所(現、㈱大和総研)に出向。1990年にCSファースト・ボストン証券会社東京支店(現、クレディ・スイス証券㈱)、1995年にBZW証券会社東京支店(現、バークレイズ・キャピタル証券㈱)、1996年にゴールドマン・サックス証券会社、1998年にメリルリンチ日本証券㈱、と証券会社5社で26年間セルサイド・アナリストに従事。2010年にアライアンス・バーンスタイン㈱に入社し、バイサイド・アナリストとして勤務。2012年にフロンティア・マネジメント㈱に入社。マネージング・ディレクターに就任し、2018年に執行役員に就任。

専門

電機・テクノロジー業界

学歴

明治大学工学部卒業

執筆一覧

半導体微細加工技術が注目ポイント 米中対立の材料にも

絶え間ないイノベーションの中、テクノロジー業界では再び半導体関連の話題が活発化している。2021年以降、Withコロナの環境下でビジネスの在り方が大きく転換する中、特に最先端の微細加工技術を要求される半導体は、テクノロジー業界の方向性や競争環境を大きく左右するポイントとなりえる。

電機大手決算から 縮小均衡からの脱却、ウィズコロナを再成長のチャンスに

電機大手の2019年度決算が出そろった。全体の主な財務指標は、リーマン・ショック前の2007年度と大差ない水準だ。しかし、現状の延長を続けていれば、縮小均衡のスパイラルに陥り、成長はさらに難しくなる。コロナを中長期の成長機会とできるかどうかが、経営陣に問われている。

コロナ 米IT大手は成長加速へ 日本企業軒並み大打撃

コロナウイルスの影響で、日本の基幹産業が軒並み大きな打撃を受ける一方、米国のNASDAQ指数は、年初の数字を上回った。デジタル化が進むことで「GAFA」をはじめとするIT大手の成長は、加速する見通しだ。

「持続可能性」か「成長」か ポストコロナ 繰り返される議論の行方

コロナウイルスの影響は、G8を含む先進国での需要問題が想像以上のペースで深刻化し、長期化する可能性がある。経営者の視点で見れば、現在はいかに持続可能性(Sustainability)を担保するかに目がいくが、実際は次期の成長(Growth)戦略構築で最も重要な時期と考えられる。

これまでの記事を読む>

人気記事

「持続可能性」か「成長」か ポストコロナ 繰り返される議論の行方

コロナウイルスの影響は、G8を含む先進国での需要問題が想像以上のペースで深刻化し、長期化する可能性がある。経営者の視点で見れば、現在はいかに持続可能性(Sustainability)を担保するかに目がいくが、実際は次期の成長(Growth)戦略構築で最も重要な時期と考えられる。

東京オリンピックラプソディ〜消費者の変化、商機を大胆予測!

2020年は、東京オリンピック(五輪)に加え、5Gのサービス開始など、日本の経済が大きく動くイベントが控えている。 グローバル化や訪日外国人の増加はすすみ、AIやIoTといったIT環境も進化。「モノからコト」へ消費の形が変わり、人々のライフスタイルも変わりつつある。 オリンピック後の日本の消費動向はどうなるのか。当社産業調査部の消費財を専門とする3人が、日本の消費動向について予測した。

コロナ 米IT大手は成長加速へ 日本企業軒並み大打撃

コロナウイルスの影響で、日本の基幹産業が軒並み大きな打撃を受ける一方、米国のNASDAQ指数は、年初の数字を上回った。デジタル化が進むことで「GAFA」をはじめとするIT大手の成長は、加速する見通しだ。

半導体微細加工技術が注目ポイント 米中対立の材料にも

絶え間ないイノベーションの中、テクノロジー業界では再び半導体関連の話題が活発化している。2021年以降、Withコロナの環境下でビジネスの在り方が大きく転換する中、特に最先端の微細加工技術を要求される半導体は、テクノロジー業界の方向性や競争環境を大きく左右するポイントとなりえる。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

2

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

3

新たな消費スタイル「トキ消費」とは?モノからコト、さらに次の消費行動へ

誰もがスマートフォンを持ち、SNSを通じてリアルタイムに情報や体験を共有する現代、「トキ消費」という新たな消費スタイルが生まれています。企業の経営者やマーケティング担当者は、最新の消費行動やニーズのトレンドを抑え、新たな戦略を立てなくてはいけません。本記事では、新たな消費スタイル「トキ消費」や「イミ消費」の特徴や、従来の「モノ消費」「コト消費」との違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

5

不動産価格はゆるやかな下落局面に

不動産価格は、緩やかな下落局面に入り、2013年ごろから続いた上昇トレンドが終わろうとしている。どうして、急落しないのか?数年後の見通しは?コロナ禍によって変わる潮目を考察した。

人気のキーワード